ポポメリーのロゴ メニューが開きます
ポポメリーのロゴ
メニュー
タンポポ

がんになっても自分らしく

がんになった方へ

タンポポ

最終更新:


ウィッグ譲渡しています。


 
Pocket

ポポメリーはがんに向き合う山口の団体です。

多くのがん患者さんが治療の過程で外見の変化に悩みます。

外見の変化の中で、脱毛は気持ちの上でも日常生活に支障をきたすことから、治療中でも一歩外に出る心の支えになればとの願いで仲間からの支援がここに実現しています。

ポポメリーでは2020年12月の事業で出会った美容師と共にウィッグ譲渡の事業を始めました。

これまでにご寄付いただいたウィッグを掲載しています。

閲覧は動画になっています。下にスクロールすると静止画でも見ることができます。

あなたの治療に寄り添うために、気になったウィッグをチェックして下さい。

外に出ることを喜びに変えられる…お似合いの一つが見つかるといいですね。

2022年6月更新

2021年4月までに、A~Lまでの12個を掲載しました。
2021年10月、Ⅿ~Tまでの8個を追加掲載しています。
2022年6月、U~Xまでの4個を追加掲載しています。

そのうち2021年10月までに5個が譲渡されました。
2021年10月~2022年6月までに9個を追加譲渡されてます。

現在10個ほどが譲渡できる状態です。

寄付された方も検索していただけるように譲渡済みのウィッグもここでは掲載しています。

譲渡を受けたいと選ばれる方にとりましては検索しにくいかもしれませんがお許しください。

そうした声に対応するため一覧表からもご確認いただけます。是非こちらもご活用ください。

【譲渡を希望される場合】

最初に「ウィッグに対するお問い合わせです。」と言っていただけると幸せます。

また、事前にお知らせ頂くと、月1回のリアル座談会会場に数点のウイッグをお持ちすることが可能となります。

問い合わせ電話番号 090-4808-8081(藤本)

メールアドレス popomerrypopo@gmail.com

ここをクリックすると申込用紙が表示されます。お急ぎの方はお電話をお願いいたします。

こちらをスクロールしてウィッグをご覧ください。

【ご寄付された方、この事業に協力いただきました方へ】

温かいご支援といつも見守っていただきありがとうございます。

お一人お一人の気持ちに感謝申し上げます。

一人でも多くの笑顔に繋がる活動をこれからもして参ります。

皆様の気持ちを繋いでいけるようこれからも工夫していきたいと思っています。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

ポポメリーより

公開日2021.4.5

更新日2021.10.10

更新日2022.1.18

最終更新日 2022.6.8

Pocket

“ウィッグ譲渡しています。” への2件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    はじめまして!

    本日、夕方のニュースをみて コメントしています。
    私も7年前に乳ガンになり、髪の毛が抜けることへの恐怖心と仕事を続けながらの治療で、どれだけ周囲にわからないようにするかということに 必死でした。
    また、再発したらとの思いもあって、今まで持っていました!…が、ポポメリーさんのような団体があるのなら、次にガンになったとしても、私もレンタル出来ると 思いました。

    ひとつは既製品をネットで購入したので、ほぼ使っていません。
    どのように寄付をしたらいいのでしょうか?

    • popomerry_staff より:

      夕方のニュースを見てお問い合わせをいただきありがとうございます。
      がんの治療と仕事の両立、髪の毛が抜ける恐怖心も含めてとても大変な闘病生活をご経験されましたね。何年たっても再発や転移といったことを考えると不安になりますね。
      大切なウィッグを手放してご寄付いただけるお気持ちにとても感謝を致します。
      お時間のある時に、下記連絡先まで連絡頂けますと送付先をメールまたはショートメールにてお伝えいたします。お気持ちに変化がある場合についても注意書きをしておりますので
      連絡先:問い合わせ電話番号 090-4808-8081(藤本)
      メールアドレス popomerrypopo@gmail.com

お気軽にコメントをどうぞ

CAPTCHA